スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

心療内科に行ってみた

こんばんは、ミャンシーですm(_ _)m 離活真っ最中でございます。



さて、オットの不倫が原因で、一時期このまま死んでしまうんじゃないかと言うほどの

パニックに陥り、病院に行かないとマジで死ぬ、と予約を取ってたのが

この間の土曜日でした。

悲惨な時は過ぎ、既に身の振り方を決めて落ち着いてしまったから、

今更なぁ、とは思いましたが、この落ち着きが嘘モンだったら困るし、

何事も経験やしな、と考えて一応・・・。



閑散ヒッソリしてるのかと思いきや、結構な人出で待合室はいっぱいでした。

待ってる間にも続々と患者さんがやってきて、みなさん意外と明るい感じ。

物凄い敷居高いと思ってたから、拍子抜けしたのと、みんな色んな悩みを

抱えながらも明るく生きてんねんなぁ・・みたいな、人の奥深さを感じました。



予約してたにも関わらず、1時間ほどイライラしながら待ったあと、

診療前にナントカ療法士っていうお姉さんに、かなり突っ込んだ話を聞かれ、

それに答えていきます。

家族構成、年齢、職業、父母の現在、取り巻く環境、なぜ受診しようと思ったか、etc・・・

ミャンシーが答える間、お姉さんはいちいちメモを取っていました。

その後血圧、身長、体重を測られて、しばらくしてからいよいよ診察です。




結論から言いますと、残念ながら(?)極めて普通・・・・・・らしいです。

先生の診察は、5分で終わりました。

さっきのお姉さんは、状況確認と共に、ミャンシーを観察し、テストしてたようです。



「この爽快感は、躁病なんじゃないかと思うんですけど」とか

「この間までパニックで、正直死んでしまおうかと思いました」とか

食い下がりましたが、どうにもこうにもオカシクないと言うんでしょうがありません。



ミャンシーの辿ってきた心の動きは、起こった出来事に対する正常な反応で、

特に治療が必要な状況ではない、んだそうです(^^;

まあ、よかったんですけど、せっかく行ったからお土産欲しかった、というか・・・




診察の締めに先生が、「これからどうするの?」と聞きました。

ミャンシーは「今すぐはお金がないんで無理ですけど、目標金額が貯まったら離婚します」

と、答えました。

そしたら、

「今はみんな離婚するからね、子供がいてもするし。

あなたはしっかりしてるから大丈夫、頑張って!」・・・・・・・・・・・・・



一応、一応、と思いながら受診しましたが、行ってよかったなぁ、と思いました。

しっかりしてる、って言われるとすごく嬉しくなるもんなんですね♪




もっと病気っぽく扱われて、すぐにうつ病と診断されるんじゃないの?

・・・みたいな偏見がありましたが、そんな事ありませんでした。

気が向いたらフラッと行く!ちゅうような所じゃないけど、

自分に対する疑惑は十分晴れました♪ 



もう深夜になってしまいました。明日も仕事です。

起きれるのでしょうか????

・・・・・・がんばりまっす!








3つもあってすみませんm(_ _)m いつもありがとうございます(^^♪

コメントのお返事とご訪問、明日させていただきます!スミマセンっ!!

2015-05-18 11:40 : 離活はじめました : コメント : 8 :
コメントの投稿
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-05-19 08:00 : : 編集
No title
こんにちは

心療内科、ミャンシーさんにあってたんですね

私は今の病院にたどり着くまで紆余曲折ありました
一軒目に行ったところはカウンセリング重視
仕事が辛いと言うとソッコー仕事辞めなさいッ
その時は私も会社に必要とされてると思ってたので一回で行くのやめた
二軒目、評判が良いと聞いて受診
ここからクスリ漬けの日々が始まりました
確かにクスリで楽にはなった、しかし、うつ病患者に処方する時は十分気をつけなきゃいけない魔法の薬「パキシル」これをすんなり処方する
「パキシル」が世に出たときはうつ病の特効薬と言われていましたが処方されたうつ病患者の自殺率が高い
元気が出て何事にも決断力が出る、死のうと言う決断もすんなり出てしまう
やる気が出ないと言うと「パキシル」が増える。眠れないと言うと睡眠導入剤が強いものになる
いろんなクスリを処方され7年くらい通った。
クスリの副作用で体重がどんどん増える
その後「パキシル」の負の作用が出て、救急車で運ばれる
ここでは手に負えない入院施設のある病院へ転院を勧められ現在の病院へ
で、今の病院。精神科、入院施設。私もここまで来たかと思いましたが先生方はとても親切で職員さんや作業療法士たちもにこやか
はじめの診察で言われたのはクスリ飲みすぎている、まず「パキシル」やめましょうと言われました。「パキシル」は一日飲み忘れただけでも離脱症状が出てとても辛いもので徐々に減らしていきました。
診察とは別にカウンセリングを受けだんだんと良くなってきました

この前、診察に行った時は先生から「明るくなったね」と言われました
ここまで長かった。
たらたらと書いてしまってすみませんでしたm(_)m

心療内科の先生は毎日いろんな患者さんと接してますから本当にミャンシーさんは大丈夫だと診断したんだと思いますよ
2015-05-19 13:25 : こげママ URL : 編集
No title
みゃんシーさんゴメン、相手に不利になればいいと思って診断書欲しいなんていってしまって。
みゃんしーさんが病気になればよいと思ったんじゃなくて。
うちの夫はいとも簡単に鬱と言われたので、簡単に診断書くれるかも・・なんて考えていました。
心って案外強くて、でもやっぱりモロイものなのでしょうね。

辛い日も、前向きな日も自分で自分によく乗り切った、がんばった、と言って労わってやりましょうね。
でも健康でおられてヨカッタ~。
2015-05-19 17:50 : みさきマンマ URL : 編集
鍵コメA様
パニクってた時に見てもらいたかった・・・

でも、お薬飲んで治すより自然に治る方がいいですもんね♪
薬ってやっぱり眠くなるんですね。これ以上眠くなったら
生活できません・・・(´Д`;)

寝坊しましたが、仕事はなんとか遅刻せずに行けました(^^;
今日は早く寝ますね!

いつもありがとうございます(^^♪
2015-05-19 20:49 : ミャンシー URL : 編集
こげママ様
こんばんは!

色々あったんですね。。。
病院によってはキツイ薬を出したりするんですね。
行ったところがちゃんとしててよかったです。

自分でも多分大丈夫だろう、とは思ってましたが、
何しに来たの?くらいの勢いだったんで、なんか残念というか・・・(^^;

こげママさん、だんだん良くなっててよかった(´▽`)
気長に付き合う病気だと思いますから、無理せずゆっくり治してください!

いつもありがとうございます(^^♪
2015-05-19 20:52 : ミャンシー URL : 編集
No title
心療内科行かれたのですね
確かにすぐに病名付けられて薬たんまり出されて薬漬けに…ってイメージあるけどそんな事ないんですね(笑)

しっかりしてる!って確かに嬉しい言葉かも^^
2015-05-19 20:56 : のん。 URL : 編集
みさきマンマ様
いえいえーー!
実はミャンシーも若干狙ってましたんで・・・
ちょっと嘘でもついたら良かったかな、と若干後悔してます(^^;

> 辛い日も、前向きな日も自分で自分によく乗り切った、がんばった、と言って労わってやりましょうね。

↑はい!時間単位でしんどくなる日もあるけど、自分を褒めながら、進んでいきますっ!

いつもありがとうございます(^^♪
2015-05-19 20:56 : ミャンシー URL : 編集
のん。様
そーなんです。行ってみました。

ミャンシーもソッコーうつ病と診断されるんじゃないかと思ってました。
だから怖々行ったんですけど、大丈夫でしたよ♪

> しっかりしてる!って確かに嬉しい言葉かも^^

↑そう、ほんとに嬉しかったです。
そっかー、アタイしっかりしてんのかぁ!って(^O^)

いつもありがとうございます(^^♪

2015-05-19 21:00 : ミャンシー URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ミャンシーのプロフィール


名 前:ミャンシー
趣 味:動物など
特 徴:目立ったモノはありません

3ニャンを抱え離活中。路頭に迷わず生きるため、ナニすりゃいいのか試行錯誤しています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。