最後の手続き

どうも、ミャンシーです。

これで最後の手続き、年金分割についてです。

離婚後に請求しますが、2年以内に手続きしないと時効になってしまいます。



最近よく聞くようになった年金分割ですが、誰でもした方がいいのかというと、そうじゃありません。

分割できるものとできないものがあるし、損することもあるのでよく調べた方がいいです。



ミャンシーも知らんかったんですが、年金って、3階層にわかれてて、

1.国民年金・・・・・・・・全員払う年金。全員同じ金額。

2.厚生(共済)年金・・・・会社員や公務員が払う、1にプラスする年金。所得によって額が違う。

3.企業年金、基金など・・・勤めてる企業や団体の独自のもので、2に上乗せ。企業によってマチマチ。


1+2+3、と、階層が増えるごとに年金額も増えますが、分割できるのは「2.厚生年金」の部分だけです。

1は全員払うものですから、夫が自営業(個人事業主)の場合は分割の対象になりません。

3は大企業勤務や公務員の夫がいる妻なら分けたいなぁと思うところですが、そうは行かなくて、

分ける場合は財産分与という形で交渉することになります。



というわけで、分割した方がいいのは、会社員と公務員の妻で扶養された期間がある人、

または、ふたりとも婚姻中に厚生年金に加入してて、夫の収入の方が多い人です。

夫と収入が変わらないなら分ける意味がなく、いいなら損しますので。




ミャンシーは5年ほど扶養に入ってた期間があるから分割することにしたんですが、

扶養されてた間の、夫の分だけを分けるんだと思ってました。

ところがそうじゃなくて、結婚してる間の2人の厚生年金を足して2で割ることになるんです。
※按分が0.5なら。割合は話し合いで決めます。

夫が自営業で自分は会社員とか、夫より一時でも収入が多い時期がある方は注意してください。

そうでない方は、分割してもらえる額はたぶん微々たるものでしょうが、ないよりマシ、1円でも!

みたいな気持ちでやったらいいかな、と思います。




具体的な手続きは、離婚してから

●年金分割の合意書   ●それぞれの戸籍謄本   ●それぞれの年金手帳

を持って、夫婦そろって年金事務所に行かないといけません。

夫婦が無理なら、どちらか一方と代理人、または双方の代理人が年金分割専用の委任状を持って、

必ず二人そろって行かないと・・・・・・って、結構ハードル高いです。

離婚してから一緒に年金事務所に行くなんてイヤだし、代理人ってのも、なんとなく面倒。




なので、公正証書を作っておくと、ここでもたいへん便利になります。

年金部分を抜粋した謄本(抄録謄本)を公証役場で貰っておけば、年金分割の合意書の代わりになるうえ、

二人で行く必要がなくなり、一人で手続き可能です。(調停や裁判で離婚する場合も、謄本を出せばOK)





2月に入ってから、やっと休みが取れたミャンシー。

抄録謄本、自分と元夫の戸籍謄本(婚姻~離婚が載ってるもの)、念のため自分の年金手帳を持って

管轄の年金事務所に行きました。

年金事務所、初めて行きましたが、もっと病院っぽい、役場感溢れる所かと思ってたら、

パンツスーツのおねえさんが「いらっしゃいませ」なんて言ってました。イマドキは役所もサービスが云々??



そんなビジネスライクな年金窓口で、離婚の年金分割の手続きがしたいと告げると、

「標準報酬改定請求書」という書類を出され、教えてもらいながら書き、

自分の年金記録(窓口で出してくれる)と、持って行った書類をあわせて提出し、

約15分で手続きが完了しました。とてもスピーディで簡単・・・・・

これで、離婚に関する手続きが全部終わったのでした。



それぞれの手続きはとても簡単なんですが、色々しないといけないのが、ものすごい面倒。

住所変更、銀行口座、クレジットカードの名義変更、生命保険の手続きなど等、

休みが取りにくい中、手続きに行くのは非常にめちゃくちゃめんどくさくて、早く終わらせたいのに

なんだかんだで半年かかってしまった。



たいていの女性は結婚・離婚で苗字が変わるから、色んなもの変えないといけなくて、大変です。

夫婦別姓にするとか、役所や銀行こそ年中無休で営業するとか、なんとかならないもんでしょうか。



ところで年金って、ミャンシーが65歳になる頃には、全員貰えなくなってんですかね。

分割はしてみたものの、期待せず、貰えないもんと思って準備しておくほうが賢明かも知れないです。。。










3つもあってすみませんm(_ _)m ポチポチポチっとしていただけると励みになります!

いつもありがとうございます(^^♪



スポンサーサイト



2016-05-27 15:21 : 離婚の手続き : コメント : 0 :

離婚届は役場で書いた方が確実です・・・・

こんにちみ、ミャンシーです。

そろそろ、このブログとオサラバする時が近づいて来てます。

離婚なんて関係ない方もいらっしゃるでしょうが、もう少しだけお付き合いください♪



去年のお盆に公証役場に行き、公正証書を作って事実上MOと別れた訳ですが、

離婚は支払いが終わってから(一部はすでに貰ってたので、公正証書に載せたのは残金)という条件を付けていたので、

その時点では、2年先までオットがいるまま、という状況でした。ところが。



自分で付けた条件なのに結構な足かせで、なんとも宙ぶらりんな、しっくり来ない日々を過ごしてたところ、

9月の真ん中頃、MOから「全部振り込んだから離婚届を送って欲しい」とメールが来たんです。



マジで?!早っ!!・・・・と思いつつ確認したら、ホントに振り込まれてるしビックリ。

さびしくなるかな、とか、アホな事考えてましたが、実際はすごく嬉しくて小躍りしてしまいました。

家を出た時、有り金ぜんぶ持ってったので、MOの貯金は4万円くらいしかなかったから、

家が予想以上に高く売れたのか、借金したのか、不倫相手が出したのか・・・・・・・・・は知りませんが、

サッサとお金くれて、スピーディに離婚できるのは、気持ち的にとても助かりました。MOさん、ありがとう。

※家が高値で売れたのなら、ミャンシーは博打に負けたのです。ちゃんと査定しなかった自分が悪いんでしょうがない。・・・アホやった・・・
 みなさんは、後悔しないように財産の把握を怠らないでくださいね。






なので、休みにくい所を半分無理やり休み取って、離婚届不受理申出を取り下げに区役所へ。

本人確認書類と認印があれば簡単に取り下げできます。

で、その場でついでに離婚届を書いたんですが・・・・・・・・

難しくて、教えてもらいながら書きました。アホなんでしょうか、なんかメッチャ難しいんです。

離婚前の名前、新しい名前、どっちをどこに書くか、わけわからんのです。



ミャンシーは子どもがいないので、オットの姓を名乗り続ける必要はなかったから旧姓に戻したんですが、

そのまま名乗るなら云々とか、イロイロあるんです。



お父とお母の名前も書く欄があって、えっ?!お父の名前??なんやったっけ?!と親不孝な事で

焦ったりもしましたから、もし時間に余裕があるんなら、区役所で書いた方が絶対ヨシです。

戸籍謄本取って、確認できますし。(←・・・・・?)

オットと連絡取りたくない場合はなおさら。失敗は許されない。



・・・・・・・・なんのアドバイスにもなってなくてすみません。

役場に行けば教えてくれます。だから大丈夫。



ちなみに、離婚して元夫の姓を名乗ることにし、再婚して、さらに離婚したとしたら、

一番初めの姓には戻れません。ひとつ前までしか戻れないので、1回目の夫の姓を名乗ることになります。

バツ2、バツ3に挑むのなら、というか、再婚願望があるなら、苗字は良く考えることをお勧めします。



それと、離婚するには証人が2人必要です。離婚届に署名捺印してもらうだけでOK。

成人なら誰でもヨシです。ミャンシーはMOに丸投げしました。



こんな感じで離婚届を書いてMOに送った後、しばらくたってから受理通知が届きました。

平成27年10月7日に受理され、めでたく離婚したのでした。




余談ですが、MOから来た「離婚届送って」メール・・・・・

ミャンシーさん、あんた実は離婚したくないって思ってるんじゃないの?って思ってるような内容で、

結構しつこく「いつまでに、絶対送って」とか書いてあったんで、激しくムカつきました。

もっとムカつく超絶セコイ事も書いてあり、頭クラってするくらい腹立って

ハァ?!アホか!!バーカ、バーカ!!うぬぼれんな、バーカ!・・・・・と、実際口に出して、

結構な大声で、布団の上で3ニャンと共に(←ウソ)罵ったのを覚えています。



これが去年の出来事。

その後なかなか休みが取れなくて、年金事務所に行ったのは今年に入ってからだったんでした。

めっちゃ面倒くさいですね、離婚って。それではまた次回。









3つもあってすみませんm(_ _)m ポチポチポチっとしていただけると励みになります!

いつもありがとうございます(^^♪





2016-05-25 11:00 : 離婚の手続き : コメント : 6 :

公正証書の文言について

こんにちわんこそば。ミャンシーですm(_ _)m

前々回の続き、公正証書の作成についてです。

作成に当たっては、証書に載せる合意内容をまとめる必要があります。ミャンシーは、

1.離婚のタイミング

2.慰謝料の金額と支払い方法

3.支払いに不備があった時の決め事

4.家の処分

5.年金分割

以上5点を話し合いで決め、後の支払いなどがスムースにいくように

6.住所が変わった場合

7.決めたこと以外請求しない、他の人に干渉させない

8.揉めて裁判するとき

9.強制執行について

の4点を注意事項として離婚協議書を作り、原案に使ってもらいました。

ネットで「慰謝料 分割払い 離婚協議書」という風に、具体的にワードを入れて検索すると

該当例文が出てきます。それを寄せ集めたり、自分に合うように変更したものです。

文章など細かい部分、どう書いたらいいかわからなかった所は全部、公証人のおじさまが考えてくれて、

おまけに不備があるところ(年金の号数)を添削してくれました。




こんな感じで代行サービスを使う必要はありませんでしたが、全然わかんない、絶対仕事休めない、

お金があるという方は、行政書士や司法書士に丸投げしたら楽だし、自分で作ると内容に法的な問題ないとは

限らないんで、専門家に任せた方が安心とも言えます。

※不安なところは自治体の無料弁護士相談サービスを利用してチェックしました。




いろいろ面倒なこともあったけど、自分でやってよかったと思ってます。

節約になったのが一番ですが、いわゆる士業って当たりはずれが大きそうだから。

合う合わないもあるし、変に相談したら損しそう。

これは特に弁護士さんについて。この話は別途書こうと思います。





まとめ、というか、なんにせよ、というか。。。。

文章云々より、とにかく欲しいものをハッキリさせることと、それに夫が合意しないと何にもならないんで、

これだけくれたら離婚してあげる、なんと思われようとどうでもいいです、くらいの気持ちでいました。

ガメツイ?ぜんぜんオッケー、望むところだ、くらいの気持ちです。

「あわよくば」の部分も付け足してたんで、気づかれてオカシイやろって言われるくらい、

結構ガメツク行っときました。

あっちも負けずにケチくさい事言うから、ちっさい男やなぁ!セコっ!!ってムカつきましたが、

まぁそこはしょうがないと思って値切りに応じてやりました。

それでも大体、思うとおりになったので良かったです。芸能人並やな、ってイヤミ言われましたけど。

芸能人はもっと貰ってるよなぁ、生意気言うな、って感じです。




このように、最後は金・・・・・・・・・

所詮、お金でしか解決できないんです。みなさん、お金だけはきちんと貰って離婚してください。

どんな状況でも、取れるものはあるはずです。

どうしたらいいか、考えたらいっぱい方法あると思います。

同じ目にあった方には、本気でがんばって欲しいです!








3つもあってすみませんm(_ _)m ポチポチポチっとしていただけると励みになります!

いつもありがとうございます(^^♪







2016-05-17 12:32 : 離婚の手続き : コメント : 2 :

公正証書と離婚協議書

こんにちみ、ミャンシーです。

今回は公正証書を作りに行く時の流れです。長いので、2回に分けてお伝えしたいと思います。

結構簡単だから、自分でやれば安く済むし、参考になれば。。。




公正証書は、離婚に伴って発生する親権や慰謝料など、様々な取り決めを公文書にするもので、

お近くの公証役場で作ることができます。

役場はお住まいの地域に必ずあって、ミャンシー県には10か所もあります。いっぱいある!

管轄とかは特にないようなので、お好きなところに行って大丈夫です。

元裁判官とか?・・・良くわかりませんが賢い人たちがいて、日々公正証書を作ってはります(←テキトー)



調停や裁判をせずに話し合って離婚するなら、言った言わないのトラブルを防ぐため

書面化した方がベターです。

その書面には離婚協議書と公正証書があり、どちらも法的効力がありますが、

公正証書なら約束した事が守られなかった場合、ペナルティを課す手続きが簡単で、後に面倒がありません。


●離婚協議書→裁判時の証拠として使える

●公正証書→裁判せずに強制執行できる


離婚原因や配偶者の人柄によって、協議書すら不要な場合もあるかもしれませんが

後々のトラブルを防ぎ、悔しい思いをしないためにも、是非書面化して、できれば公正証書を

作成する事をお勧めします。




しかし。

さあ、作るぞといってもどうしたらいいんかサッパリ・・・・

ネット検索したら色々出てくるけど、イメージ沸かず、イマイチよくわからない。

あんまりお金使いたくないし、できれば自分でやりたいから士業の方に頼むのはやめときたい。

というわけで、とりあえず公証役場に電話してみたら、秒殺でした。

流れや必要なものなど、めっちゃ丁寧に教えてくれます。※何でもすぐに電話で聞くタイプです。




【流れ】
1.夫または妻(または代理人)が作成前に面談に行き、原案を作成してもらう。

2.作成当日は夫と妻(またはそれぞれの代理人)が二人で公証役場に足を運び、案を確認。

3.公正証書を作成し、正本、謄本を受け取る。

4.手数料を払う(手数料は養育費、財産分与、慰謝料などの金額によって変わる)。


【必要なもの】
・離婚協議書など、合意内容がわかるもの(メモでもよい)

・印鑑(認めでかまわない)

・身分証明書(実印+印鑑証明、または運転免許証、住基カードなど顔写真付きのもの)

・戸籍謄本(全部事項)

・年金分割するなら年金手帳
 ※「年金分割のための情報通知書」は不要でしたが、役場によってはいるかもしれません。
   必要なら管轄の年金事務所に聞けば教えてくれますし、オットに内緒で取る事も可能です。
   なお、ミャンシーの時はMOの年金手帳紛失という非常事態が発生し、番号だけ調べて伝えました。
   間違ってたら作り直さないといけないし、めんどいけどいいか?って言われたけど、
   再発行まで待てないし、どうしようもないので、「大丈夫だと思います・・・」と・・・・・
   このように、年金番号のみでもいけますが、後で面倒な事にならないとも限らない。。。

・家や車などの財産分与がある場合
 <家にあるもの>
  ・ローンに関する書類一式(なければ銀行へ)
  ・車検証

 <市区町村役場で取得するもの>
  ・印鑑証明
  ・固定資産評価証明書 
  ・住民票
  
 <法務局で取得するもの>
  ・不動産の登記簿謄本

・・・・・・・・・・・という感じですが、面談の後にFAXやメールで必要書類を送ったら原案を作って

メールなどで送ってくれますので、修正があれば事前に依頼し、当日は最終確認するだけです。

とてもメンドそうですが、2回行ったらいいだけだから簡単でした。




・・・・・・・・・なんとなく書き終わった気がしますけど、一応次回に続く・・・^^;

あ、3ニャンたち、今回出番なかったけど、とっても元気にノビノビしてはります。。。。









3つもあってすみませんm(_ _)m ポチポチポチっとしていただけると励みになります!

いつもありがとうございます(^^♪





2016-05-11 14:14 : 離婚の手続き : コメント : 0 :

離婚給付等契約公正証書

160426.jpg
↑日差しを浴びて、半分白目のシンディ。



こんちは、ミャンシーです!

前回、離婚協議書を公開って言ってたんですが、どこいったんだかわからない・・・・
荷物ひっくり返して探し回っても見つからないんで、どうも、棄てちゃったみたいです。

もういらないからいいんですけど、ブログ用に置いとくつもりだったのに・・・・・
なので、離婚協議書を元にした、公正証書の全文を公開しますね^^;

太字部分は解説(?)です。めんどくさい方は解説のみ読んでください。

それではどうぞ♪


*************************************************
第1条(離婚の合意等)
 夫・○○××(以下「甲」という)と妻・○○××は、本日、協議離婚する(以下「本件離婚」という)ことを
 合意し、かつ本件離婚に伴う給付等について以下のとおり合意し、本契約を締結した。

MOとミャンシーは、以下に掲げる条件に合意して、話し合い離婚します。

第2条(離婚届)
 乙は、第3条の慰謝料の支払完了後、速やかに離婚届不受理申出を取り下げた上、
 離婚届出書用紙の所定の欄に乙の署名押印をして甲に郵送し、甲は速やかにこれに甲の
 書署名押印等をして提出するものとする。

ミャンシーは慰謝料が全額支払われたら、離婚届不受理申出を取り下げて、署名押印した
離婚届を郵送します。MOはそれに必要なこと書いて役所に届けること。


第3条(慰謝料)
 1.甲は乙に対し、不貞行為による慰謝料として金○○万円の支払義務があることを認め、
   これを○回に分割して、平成○年○月から平成○年○月までの間、1月及び8月を除く
   毎月末日限り金○万円ずつ、1月末日及び8月末日限り金○万円ずつ、乙の指定する
   金融機関の貯金口座に振り込んで支払う。振込手数料は甲の負担とする。

MOはミャンシーに不倫した慰謝料○○円を払わないといけないことを認めて、毎月○円ずつ
ミャンシーの指定する銀行口座に振込します。ボーナス月(1・8月)は多めに払います。
手数料はMO持ちです。
←セコい

 2.甲について、次に掲げる事由の一が生じた場合は、甲は、乙の通知催告を要することなく
   当然に期限の利益を失い、乙に対し、前項の金○万円(既払い分があれば控除する)を
   直ちに支払う。
   (1)前項の分割金の支払を1回でも怠ったとき。
   (2)他の債務につき、強制執行、競売、執行保全処分を受け、又は公租公課の滞納処分を受けたとき。
   (3)破産手続開始又は民事再生手続開始の申立てがあったとき。
   (4)乙の責に帰することができない事由によって、所在が不明となったとき。

もし、(1)分割払いが滞ったり(2)他に借金してマズいことになったり(3)破産宣告したり
(4)居場所が分からなくなった時は分割払いをやめて残りを一括で払うこと。


第4条(不動産の帰属)
 1.乙と甲は、甲乙の婚姻後に甲名義で取得した不動産は、
   甲が単独で所有する財産であることを確認する。
 2.乙は、前項の不動産について、財産分与その他何らの権利も主張しない。

MO名義の家はMOひとりの物で、ミャンシーはいくらで売れようと、お金くれなんて言いません。
売って借金が残っても払いません。


第5条(年金分割合意)
 甲(昭和○年○月○日生、第1号改定者、基礎年金番号○○○○-○○○○○○)と
 乙(昭和○年○月○日生、第2号改定者、基礎年金番号○○○○-○○○○○○)は、本日、
 厚生労働大臣に対し、対象期間に係る被保険者期間の標準報酬の改定又は決定の請求をすること
 及び請求をすべき按分割合を0.5とすることを合意した。

結婚していた間の年金は二人の分を足して2で割ります。

第6条(通知義務)
 甲は、住所、居所、勤務先又は連絡先を変更した時は、10日以内に乙に通知するものとし、
 住所の変更については、同時に新住所の住民票を書留郵便で乙に送付するものとする。

MOは(慰謝料の分割が終わるまでに)住所や勤務先が変わったら、10日以内にミャンシーに
知らせること。住所変えるなら、間違いなくそこに住んでる証明に住民票を送ること。


第7条(精算条項)
 甲と乙は、本契約に定めるもののほか、名目の如何を問わず金銭その他一切の請求をしないこと、
 甲乙以外の者に、本契約の内容に一切干渉させないことを相互に誓約・確認した。

お互い、上に掲げたもの以外は一切請求しません。
外野がゴチャゴチャ言っても、口を挟ませません。


第8条(裁判管轄)
 甲と乙は、本契約から発生する一切の紛争の第1審の管轄裁判所を乙の住所地を管轄する
 裁判所とする旨合意した。

もし、決めた内容で揉めたら、ミャンシーの住んでるところを管轄する裁判所で一審をします。

第9条(強制執行認諾)
甲は、本公正証書記載の金銭債務を履行しないときは、直ちに強制執行に服する旨陳述した。

MOは、「お金を払わなかったら差し押さえされても文句ありません」と言いました。

                                                          以上

*************************************************

去年の6月。

慰謝料は分割払いにしてすぐに離婚すると決め、明日離婚届を出しに行くゼ!という日、

コロコロ変わるMOの態度が不安になり、一旦白紙に戻すために家を飛び出したミャンシー。

このまま離婚すると、何かあったら途中で払わなくなる、後悔するのはイヤだと思って

身の回りのものと3ニャンだけを連れて妹のマンションに逃げました。




ゼンゼン知らない人みたいになったMOが怖くて、電話もメールもほぼ無視し、

とりあえずバイトと住むところを探して、引っ越して、落ち着いてからじっくり考えました。

この間、ずっと不安で怖かった。またまた想像力が逞しくなり、狂った顔のMOが目の前を

チラチラ・・・^^; 怖すぎて、このまま一生関わらず、なかったことにしてしまいたい気もしましたが、

これからの人生と、ウラミツラミを残さないで終わりにするためにも、絶対にお金は必要だから

確実に払ってもらうために、どういう条件をつければいいか考えて、

「払い終わったら不受理申出を取り下げて離婚届を送る」という条件で交渉することにしたんでした。

早く離婚したければ早く払うはずだし、所在不明になることも防げます。

住所を知らせておかないと、判子ついた離婚届を受け取れませんから。




家を出てから約1ヶ月後、梅雨の晴れ間のある日曜日、家に戻り話をしました。

MOは「2年近く別居を続けるってこと?」と嫌がってましたけど、

こっちだってほんとはそんなんイヤですし、婚費請求せんだけでもありがたいと思って欲しいくらいです。

だから、早く終わりにしたかったら早く払ってくれたらいいやん、って。。。。。

有責からの離婚請求は通常認められないから、ミャンシーがイヤといったら離婚できない、

ウンというしかないMO。ブツブツいいながらも了解したので、離婚協議書を作って、

去年のお盆、公証役場で「離婚給付等契約公正証書」にしたのでした。




きれいに忘れるためにお金で謝ってもらったのに、当時を思い出すとやっぱりムカつきます。

家を最後に出るとき「長いことお世話になりました」みたいな挨拶したんですが、

こっちも見ずに「あー」で終わりだったこととか・・・・・(←ひたすらムカついた)

家財道具やゴミの処分を一切手伝わなかったし、公正証書を作りに行くのに会った時、

ご飯おごってもらって、パンも買ってもらったので許してやりますが。





公正証書は2人で公証役場に出向いて、公証人に作ってもらいます。

ミャンシーとMOの、最後の共同作業でした(^_^;)

手順や手続きは次回お伝えしますね。

今回もダラダラ長くなってしまいました。読みにくくてごめんなさい。









3つもあってすみませんm(_ _)m ポチポチポチっとしていただけると励みになります!

いつもありがとうございます(^^♪







2016-04-26 14:34 : 離婚の手続き : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

ミャンシーのプロフィール


名 前:ミャンシー
趣 味:動物など
特 徴:目立ったモノはありません

3ニャンを抱え離活中。路頭に迷わず生きるため、ナニすりゃいいのか試行錯誤しています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR